プラチナ

プラチナのバリエーション

ルビープラチナ

ルビープラチナ

クリミノとプラチナの2重劣性混合モルフです。

白い体に暗めの赤い目をしているというのが一般的な定義ですが、プラチナの色合いやその他の因子によって体の白味や目の色の個体差がルビーレイ(クリミノ・リューシスティック)より大きい様です。

 

プラチナとリューシスティックの対立性遺伝により、クリミノ・プラチナ(ホモ)の場合とクリミノ・プラチナリューシ(ヘテロ)の場合が存在すると推測されます。

この2種の見分けは祖先の品種情報もしくは交配による検証によって可能です。

プラチナについて

プラチナのフクロモモンガは、淡いシルバーの体色に薄いラインが入っています。

毛色やストライプの色については個体差があります。

遺伝形質は劣性遺伝ですが、リューシスティックとの交配の場合には優性を示します。

 

優性のモザイクとプラチナのホモ接合体との混合品種が誕生しており、モザイク遺伝子を持っていない白抜けしているプラチナや、プラチナ遺伝子を持っていないシルバー味のあるモザイク等と区別するために”トゥループラチナモザイク”と呼ばれたりもします。

劣性のプラチナ遺伝子のみでも、モザイクのような表現が体に発現することもあります。

またプラチナの遺伝子を持っていない優性のモザイクでも体にグレーやシルバーのカラーリングがある個体もいますが、プラチナの遺伝子とは何ら関わりはありません。

 

褪色の激しいモザイクの場合、プラチナ遺伝子がホモになっていてもその有無を判別するのは難しいと考えています。

よって、モザイク・プラチナは外見だけでなくそれ以前の祖先の品種について注視して判断しなければなりません。

 

優性遺伝とのコンボ

ホワイトフェイス・プラチナ
プラチナホワイトフェイス
モザイク・プラチナ
プラチナモザイク

 

劣性遺伝とのコンボ

プラチナリューシのフクロモモンガ
プラチナリューシ
ルビープラチナ
ルビープラチナ