Day: 2015年8月27日

ルビーレイ

ルビーレイ

クリミノとリューシスティックのダブルホモ接合体であるコンボモルフです。

 

2重劣性品種なので、Wヘテロ同士から16分の1の確率で誕生する計算になります。

比較的新しい品種でアメリカでの発表は2013年でした。 最初のルビーレイの誕生は2011年頃かと思われます。

2015年7月16日、ひよみ堂でホワイトフェイス ヘテロクリミノ・リューシスティック♂とルビーレイ(クリミノ・リューシ)♀から生まれたルビーレイの脱嚢を確認しました。

プラチナについて

プラチナのフクロモモンガは、淡いシルバーの体色に薄いラインが入っています。

毛色やストライプの色については個体差があります。

遺伝形質は劣性遺伝ですが、リューシスティックとの交配の場合には優性を示します。

 

優性のモザイクとプラチナのホモ接合体との混合品種が誕生しており、モザイク遺伝子を持っていない白抜けしているプラチナや、プラチナ遺伝子を持っていないシルバー味のあるモザイク等と区別するために”トゥループラチナモザイク”と呼ばれたりもします。

劣性のプラチナ遺伝子のみでも、モザイクのような表現が体に発現することもあります。

またプラチナの遺伝子を持っていない優性のモザイクでも体にグレーやシルバーのカラーリングがある個体もいますが、プラチナの遺伝子とは何ら関わりはありません。

 

褪色の激しいモザイクの場合、プラチナ遺伝子がホモになっていてもその有無を判別するのは難しいと考えています。

よって、モザイク・プラチナは外見だけでなくそれ以前の祖先の品種について注視して判断しなければなりません。

 

優性遺伝とのコンボ

ホワイトフェイス・プラチナ
プラチナホワイトフェイス
モザイク・プラチナ
プラチナモザイク

 

劣性遺伝とのコンボ

プラチナリューシのフクロモモンガ
プラチナリューシ
ルビープラチナ
ルビープラチナ