ブリーディング・ポリシー

しくしい』 そんなフクロモモンガを理想としてブリーディングを行っています。

適正な飼育

ひよみ堂では、フクロモモンガが快適に過ごせる、衛生的な環境を保つよう努力しています。 空調設備による温室度管理、新鮮な水と栄養バランスを考えた食事、適度な運動により元気に暮らせると考えます。   毎日、すべてのフクロモモンガの状態を目と手で確認して体調をチェックするとともに、ヒトに触れられることに慣れてもらっています。

 

健全な両親

珍しい毛色、可愛いお顔 といったことを第一に考えるのではなく、体格・毛並みが良く、健康なフクロモモンガを親に繁殖を行っています。   そのため、親たちの祖先がどんなフクロモモンガなのか、近親交配で生まれた子ではないか、何を食べてどんな風に育ったか、といった点を注視しています。 「親が食べたものでベビーができ、過ごした環境がその子を育てる」というモットーなので、出自・成長過程が不鮮明なフクロモモンガを親としてつかうことはしません。

また、フクロモモンガのベビーが両親と同じ餌を食べる前に親から離して人工飼育・人工授乳することは原則としてありません。母乳の大切さはもちろん、親・兄弟と育つことがフクロモモンガの心身の健康に必要であると考えているからです。

両親のどちらかの健康や情緒に問題があったり、ベビーの成長不良などの場合にはやむなく人の手で育てることもありますが、「慣らすため」に両親から取り上げてることはしません。

Recent Posts

PAGE TOP