Day: 2015年6月8日

フクロモモンガとは

和名 : 袋摸摸具和/袋鼯鼠 [フクロモモンガ]

英名 : Sugar Glider [シュガーグライダー]

学名 : Petaurus breviceps

 

分類

界 : 動物界

門 : 脊索動物門

亜門 : 脊椎動物亜門

綱 : 哺乳綱

亜綱 : 獣亜綱

目 : カンガルー目

上科 : フクロモモンガ上科

科 : フクロモモンガ科

属 : フクロモモンガ属

種 : フクロモモンガ

 

分布・生息地

オーストラリア,パプアニューギニア,インドネシア

 

特徴

頭から尻までの長さは15~20cm前後だが、尻尾の長さはそれと同じかそれよりも長い。

体重は成体の平均で90~150gほど。

 

野性色は、体全体が暗めの灰色におおわれ、頭頂部から背中を通り尻尾の手前まで伸びる黒いストライプがある。

また目の周りも同じカラーのラインが入っており、尻尾の先数cmも体色に比べると黒い。

腹部や顎の下は白~クリーム色の毛に覆われている。

体の毛は短く・細く、密に生えている。

 

前足から後ろ脚につながる飛膜は腕脚の開閉に伴い広がったり畳まれる。

手足はピンク色で、それぞれ5本の指に鋭い爪が生えている。

 

生態

英語圏では”シュガーグライダー”と呼ばれる通り、野性化では樹液や果実・花粉などを摂取している。

また同時に昆虫類や、小型哺乳類や哺乳類の幼獣、小型の爬虫類なども食べている。

 

木に空いた穴を巣として、1匹の雄と数匹の雌とその子供で群を作り巣と縄張りを共有する。

雌は通常1~2匹の子供を育児嚢で育てる。